痛くない治療を目指そう

>

悪化する前に治療しよう

痛みが悪化する前に行く

子供虫歯になっていないか、常に観察してください。
口内の異変を訴えている際は、虫歯になっている可能性が高いのですぐ歯医者に行きましょう。
まだ虫歯になって間もない頃であれば、痛みを感じずに治療できます。
放置して悪化してから治療すると、痛みが大きくなるので歯医者は嫌だと子供が感じてしまうでしょう。
早期発見と、早期治療を意識してください。

仮に虫歯になっていても、子供は隠すことがあります。
ですから、食事風景などから見極めてください。
食べ物を噛むのが辛そうだったり、冷たい飲み物を避けている場合は虫歯の可能性があります。
早く治療すれば、痛みを感じないと子供に伝えてください。
すると素直に、歯医者に行ってくれるでしょう。

定期検診に行ってみよう

親が、虫歯になっていないかチェックしている家庭も見られます。
ですが、知識を持っていない素人が口内をチェックしても、できたばかりの虫歯を見逃がしてしまうかもしれません。
まだ虫歯になって間もない頃は、非常に小さいです。
ですからよく確認しないと、見逃がすでしょう。
歯医者に検診してもらえば、どんなに小さな虫歯でも見逃がさないので安心してください。

定期検診に、子供を通わせるのも良い方法です。
そこで、正しい歯磨きの仕方なども教えてもらえます。
虫歯にならないよう、日頃から予防することも大事ですね。
定期検診の時に虫歯が判明すれば、すぐ治療に臨めます。
痛みを感じないですし、短期間の治療で終わるので費用が安いです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ